スポンサード リンク


差し歯の変色は大丈夫?


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯の変色は基本的に保険適用のプラスチック製の差し歯の場合ですが、
セラミック製の歯でもきちんとブラッシングをしていなかったりして長期間使用していれば若干変色してしまいます。

とは言えセラミック製であれば、初めの頃のツヤは無くなっても、
余り黄ばんだり変色する事は無いので心配無く。

初期状態から周りの歯の色と差し歯の色が違っていたりする場合は、
差し歯の色を調べるタイミングが原因でしょう。

その時、自費であれば何度も作り直してもらえると思いますので、
歯科医と相談して納得が行くまでやりましょう。


差し歯の膿について


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯の膿について、
差し歯をしていると歯根に膿が溜まり虫歯の原因になります。

何らかの形で差し歯に膿が出来ている事が分かったら、
すぐに膿を取り除くべく、専門の歯科医に見て貰うなどして治療しましょう。
治療の際に差し歯を取って新しく作るので、
料金や値段の面で財布と相談してからですが。

差し歯のプラスチック素材について


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯のプラスチック素材は料金や値段がセラミックに比べても安く、
保険適用時
はこれになります。

価格面では財布にも優しく優秀ですが、
その分耐久性には乏しく、寿命もセラミックに比べ短いです。
さらに、変色の心配もあるので注意です。

ただ、先も述べた通り治療費が安いのでお金に余裕が無い場合は良いでしょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。