スポンサード リンク


差し歯と接着剤


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯を接着剤でつけてはいけません。
ここで言う接着剤とは瞬間接着剤等の事です。

差し歯を瞬間接着剤等でくっつけてしまうと、
外れた時に虫歯が出来てしまっていた場合はそのまま内部で進行。

少しでも浮き上がったりした状態で
差し歯を接着剤でくっつけようものなら噛み合わせが悪くなり、
噛む力が衰え歯周病
になって、挙句歯槽膿漏になって
抜歯
をしなければいけなくなります。

また、外れた際の殺菌消毒が無ければ感染の可能性も出てきます。

基本的な事ですが、接着剤は口の中での使用には向いておらず、
耐久性に欠けます。長期の使用は不可能でしょう。

そして、差し歯を接着剤で一度つけてしまうと、
再治療が難しくなります。
治療しても、土台である歯根がダメになっている可能性もあります。

差し歯を接着剤でつけるのは止めましょう。


差し歯で痛みを感じる


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯で痛みを感じる場合、それは差し歯の土台である、
歯が虫歯になったり、歯周病になったりと、
普通の歯と同じ事が原因
で痛みます。

治療法としては、一度差し歯を取り外してから、
虫歯となっている歯を削るなどして治療をします。

この際、取り外した差し歯は使いまわし出来ないので、
差し歯を作り直す必要があります。

よって、普通の虫歯よりも治療費などの料金がかかり高く付きますね。

差し歯の種類と選び方


虫歯や口臭を撃退【ブランカα】
差し歯の種類と選び方について、

差し歯の種類はセラミックとプラスチックの二種類があり、
セラミックの方は保険適用外で価格も高いですが、
プラスチックに比べ優秀な面が多いです。

例えば、差し歯の寿命が長かったり、変色の心配が無い所などです。

プラスチックは保険適用出来て料金や値段も安く済みます。
反面、セラミックに比べ寿命が短かったり、変色の心配があります。

差し歯の選び方としては、まずその値段でしょうか。

お金に余裕があるのであれば、自費でセラミックの差し歯に。
お金に余裕が無いのであれば、保険適用でプラスチックの差し歯に。

また、自費のセラミックは医療費控除で少し治療費が安くなります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。